ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

タグ:和楽器

小さい頃は疑問に思った話題をずっと一人で考え続け、
周りの話題が別の話題に移ったのに気づかずに
質問したり納得したりして声をあげると、
「まだその事話しとるん?もうええじゃろ?」
とお茶を濁されることがよくありました。
空気が読めなかったのでね

そんな感じの話題ですが

10代の頃 ギター歴の割にはギターが上手く弾けた方だったので、

「若いからいいねぇ」的なことを当時20代の先輩方に言われて、
まぁそんなもんなのかな、と思っていました

で、今30代も後半にさしかかり…和楽器やってて
「若いから飲み込みが速くていいねぇ」
的なことを和楽器の先生方に言われます。

そこで疑問。

自分、最初に「若いから」と言われていた先輩方の年齢をとうに超えました

待てよ…これは若いからではない。
「分からない問題を分からないままにこなしているから」
ということではないだろうか。

そりゃ若いほうが肉体的にも元気だし回復力なども早いから負荷をかける事が
容易なのかもしれないけど、そういうことではない。

逆のことが自分にも当てはまるけど
あるギター曲や理論などの難しいところ、
楽譜が込み入ったところをできないからといって
投げているものが多数あります(笑)
時間が経ったらいつか上達してできるようになるかもしれないな…なんて思いながら
何年も経って、楽譜を久しぶりに開いても

当然弾けるようにはなっていません。
別の曲で類似のフレーズや運指が出ていて
弾けるように練習した、などあれば多少楽になっていることもありますが

そのまま時間が経てばそのうち弾ける、そんな時は来ません。
初心者ならまだしも、ある程度難しいものになると
個別に対策を立てて撃破しないと攻略できません。

難しいこと、分からないことに向き合うのは時として
好きな事であっても面倒くさいなぁと思うことがありますし
ある程度楽器が弾けるようになってからはなおさら、
「今できること」の範疇に逃げたくなります。

ただ、闇雲に力ずくで練習するのが間違ってるのは
前のブログで書いたとおりなのですが、

今、できる自分、というものに対するプライドを捨てて
一個ずつ初心者のように丁寧に取り組むのが大事なのだろうな、と思います。

…でも、
できないところ一つに固執して100点を求めすぎて、
練習が楽しくなくなったり、
アウトプットができなくなったり、
他のことが進まなくなるなら一旦置いといて、
手のつけられそうなレベルのものを
探す方がいいとは思いますけどね。


 


久々の更新となってしまいました。
 
色々迷ってたりして約一ヶ月ブログ書かなくなってたんですが、
 とたんに月イチのAcoustic Night KureのMCで頭が回らなくなって
「ほぼ毎日書く=アウトプット」作業が頭の回転に大きく影響していることを実感しました。

そんなAcoustic Night Kure 57回目 @Cafe Felixは28日木曜日開催でした。
細々とマイペースに継続しているわけですが、
このイベントがあるおかげで周囲のいろんな出来事に波及しているのだなぁ、とか
月イチのこれを目標に練習など頑張っている方がおられる、ということで
コツコツ続けたいと思います。(7月は災害の影響でお休みします)
36381981_1677651975606089_1284590148041834496_n

6月30日は呉市広音楽仲間のケイタくんがやってる Caffe Va(カッフェバ)にて
Twitterで知り合った三重県の
尺八奏者 竹内洋司さんギターの
ogurockさんのユニットを迎えてのライブ
もちろん初対面でありましたが、Twitter上での発言を見る限りでは
会ってみて変な人だったら…みたいな不安はなく初対面だけど初対面ではない安心感がありました。

IMG_2399
ワタシは先にソロで出演。

IMG_2395
MCもさすが関西!というノリとテンポの良さ(真似できない)

IMG_2403
とても良い方たちでした。演奏も楽しかった。
最後にセッション的にユニット参加しましたが。
尺八2本+ギターというのもなかなかなくて面白かった。

サボらずにちゃんとブログを再開しよう、
書こうと思ったきっかけもこのライブだったのですが。

ここ最近
「ほとんど大きな実績もないのに書くことだけはいっちょ前、これじゃダメなんじゃないか」
みたいな気持ちがフツフツと上がってきて発信することをためらっておったのですが、

竹内さんの
「オガタさんが色々発信していて、
考え方とか共感する部分があってこの人なら大丈夫やろと思った」
的な一言でちょっと目が覚めました。ネット(ブログ,twitterとか)に発信しててよかった。
同世代の地方在住尺八奏者として、
なんとなく気持ちが共有できていてよかった。

目が覚めすぎて、帰りのラーメン屋でつけ麺を頼んだのに
ツユを着けずに食べてしまいましたよ。

と、いうわけで、時には実態より頭の中が先走っていることも
あろうかと思いますが、コツコツ書いて行こうと思います。

もちろん書く作業をやっていく上で頭の中が整理されていきますのでね。

7月前半からはまた次の記事にて。
ちょっぴり被災体験もしたわけですがそのことも含めて書きます。

------------

オガタマモルFacebookページ

Game Musica Jake(ゲーム音楽ジャズバンド)  

エリアシ☆ピッツ OFFICIAL WEB SITE 

 


音源配信もやってます。 

Apple Music (エリアシ☆ピッツ) 

MaMenication3 (MaMe)

オガタマモル(ソロギター)   
  




 

近くの学校の箏曲部員に
「この音とまれ!」って漫画しってる?

と聞いたら知らないといわれ、少し凹んだオガタです。

バンドを題材にした漫画ではBECKとか好きだったんですが、近頃は和楽器を題材にしている漫画も増えてます。

最近読んだのが「なでしこドレミソラ」という漫画

アラフォーの男が書店で手に取るのはちょっと恥ずかしい、可愛い絵柄ですが(笑)

IMG_1103

楽器、特に和楽器を始める時の気持ちとか何だかんだにすごく共感しました。

尺八や筝、楽器そのものは祖父やら義理の母が持ってて始めることになったわけですが、
二人ともすでに楽器から離れて相当な年月が経っていたので、直接習うというわけではありませんでした。

近所の尺八の師匠に吹き方は教わりましたが、五線譜の曲だとか、邦楽曲以外のポップス、ゲーム音楽を演奏するにあたって、教われる環境も同じような事をやっている人近くにはも見当たらず、一人であれこれ吹いたりCDや楽譜を集めて聴いてみたり。
(ギターも同じようなもんですが)

地域の演奏会に行けば、同世代は自分一人でやたらと貴重な存在と持ち上げられ(笑)

若いのにエライわねぇ、と何度言われたことから…

まさにこの漫画の主人公の陽夜たちと同じような感じ。と入り込む要素は十二分に。

ここ数年、ようやく尺八での合奏やら、バンド活動やらをできるようになって、その嬉しさや楽しさ、そして思ったように吹けない時の実力不足による悔しさなど色々味わっているので楽しく読ませてもらいました。

尺八を始めたのが大学4年くらいだったはずなので、そういうサークル活動に縁がなく、(邦楽部はありましたが)
もう戻れないけど、学生時代にバンドの部活とか、和楽器の部活とかサークル活動とかちゃんとやりたかったなぁ(高校では文化祭ともう一回のライブだけのために練習して出演はしましたが)

こういう漫画がもっと売れて、和楽器やりたい!て人が一人でも増えるといいなぁ。

大好きなゲーム「MOTHER」のスノーマンという曲の演奏動画を貼っておきます。
3年前、師範になる前ですね。



って、とうの前から始めてるんですが、
 
今後、個人としての作曲をもう少し本腰入れていく予定です。

見境なくいろんな楽器やジャンルに手を出しているのも、
元はと言えばそこにつながるんです…

ということをちょっと忘れかけて
楽器を演奏すること自体が楽しくなってました(汗)
いや、楽しいのはいいことなのですが。 

今から筝や三味線の大きな社中に所属して
由緒ある大きな演奏会に出演する…
などというつもりは全くないのです。
(物理的に時間がない)

作曲はDTM的な感じでやっておりますが、
まだまだこちらのスキルは発展途上中です。

soundcloud
で短い曲を公開したり、BGM的なやつは
Audiostock
で販売開始したり…

今まで作ったソロギター曲、バンド、ユニット、
そしてラジオ番組に番組に提供した曲などを随時公開、紹介していきます。

三味線を自分で弾いて…などもやってみたいですが、まだまだスキルが追いつかないので、
今のところは「ギター・尺八」を全面に出したものを色々考えて作っている最中です。
和楽器バンド的なロック調から、アコースティック調、ゲーム音楽風まで色々と。

ワタクシに何か作って欲しい…
という方が現れるまで色々出していくことにします。

------------
オガタマモルFacebookページ 
エリアシ☆ピッツ OFFICIAL WEB SITE 

音源配信もやってます。 
Apple Music (エリアシ☆ピッツ) 
MaMenication3
オガタマモル(ソロギター)  
  

秋は、文化際的な行事が増えるので、
ギターより尺八を持って舞台に立つ方が増えます。
バンドでも尺八持つことありますが、今回は邦楽方面のお知らせを書きます。

9月18日(月・祝)  長寿生き生き!元気ハツラツ!
第9回 尺八・筝・三絃コンサート 
12:30開場 13:00開演
広島市東区民文化センター・スタジオ1 
確か参加資格が60歳以上ということで…ワタクシは賛助出演という扱いだと思います。
・追憶の雨 (松下和代 作曲) (3番目 … 13:30ごろ)
・眠れる春 (野村正峰 作曲) (22番目… 16:00ごろ?)
の予定です。
170918いきいき尺八

10月8日 (日)藤井清水音楽祭 vol.16
12:30開場 13:00開演  有料(詳細はリンクを)
呉市文化ホール 
こちらで数曲、尺八演奏にて出演予定です。
音戸の舟唄、藤井清水の楽曲など

10月9日(月・祝)
和の音(わのね) 〜邦楽発表会
13:30開場 14:00 開演
呉市つばき会館 ・音楽ホール
入場無料
2. 尺八四重奏『竹冠』(三好芫山 作曲)
7. 尺八独奏『竹の四季より "冬"』(山本邦山 作曲)
で出演予定

10月21日(土) 第50回 くまの町民文化祭
筝・三絃・尺八・ギターで出演…
10:30-14:30
ふでりんホール
熊野町民会館 ふでりんホール.
〒731-4214 広島県安芸郡熊野町中溝一丁目11番2号.

10:45〜11:45が出演時間です
 
10月22日(日) 呉市秋の文化祭 
第118回三曲演奏会
三絃・筝・尺八で出演
12:30-16:15
プログラム
1.愛し子に贈る子守唄(野村祐子作曲)…三絃
14.青島(筑紫歌都子作曲)…尺八
15.秋の言の葉(西山検校作曲)…筝

このページのトップヘ