ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

カテゴリ: ギター

ここ2週間の演奏は…

17日 LECT 夜の音楽祭 (千紘サポート)
18日 矢野 あそぼーひろっぱ (ソロ、ギター尺八
)
19日 イオンモール広島府中 ROJIのおと (MaMe)

23日 広島エフエム  MEET the RADIO (ソロ、ギター尺八)
23日夜 caffe va acoustic guitar night in kure(ソロ、西山隆行さんと一緒に)
24日 yise music きょうこのわがままライブ(バンドサポート 尺八1曲)
IMG_3470
IMG_3469
IMG_3468

IMG_3441
IMG_3458
IMG_3462
写真は順不同です

という感じでした。
どれも全部違って全部いい…というか内容がソロ以外はほぼ違うので同時進行が大変でした(笑)

継続してお話をいただけたり、ソロの尺八.ギターのスタイルに興味をもっていただいて新しく声をかけていただいたり…
各ライブのお話をそれぞれ(出来る限り)書きたいと思います。

もちろん、
毎日寝る食う以外の時間を音楽や自分のしたい練習に捧げる…
というわけではないですし、時間のやりくりも大変ではありますし、まだまだ上手にできず時間が過ぎていくこともありますが、少しずつ活動に拡がりが見えているのが個人的に嬉しくあります。

ひとつ分かるのが、今日の行動が明日すぐに結果がでるのではなく、3か月先、半年先につながることがおおいのだな、ということ。

もちろん、今この瞬間に出来ることを精一杯が大事だと思います。
先のことを考え過ぎて手前のことに力を入れられなかったり期限内に上手くできなかったおかげでその後の連絡が途絶えた…なんてケースも沢山あります。

ギターを抱えて尺八を吹いて回るなんて、尺八を始めた時には全く考えていませんでしたし(笑) あくまでギタープレイが主で、ギターの表現にプラスになればよいな…くらいの気持ちでした。

、というわけでただやり続けるのみですね。





ありがたいことに、最近はソロギターで演奏のお仕事をいただく機会も結構あるのですが、

比較的BGM的な演奏が多く、あまり「オガタマモル」としてのキャラクターは出さなくても良い場合が多かったように思います。
(演奏そのものや音色に感してお褒め頂くことは多いけど)

歌なども含めた「ライブ」としてソロでやるときの方向性に関して未だかっちりとコレというものがなく、各種バンド、ユニットなどの活動に押されて後回しになっているんですが、

1人でちゃんと聴く人を
納得させられるものが作りたい、
という思いもありまして
色々試してみようかな、と
いいながら何年も経つので

企画だのみ、名曲の威光頼りでは無い、
ソロとしてのなにがしかをやってみようと

お世話になってる情熱カフェ銀山ベースで久々に1人舞台
いわゆる「マモルの部屋」をやってみようと

※「部屋」名義のライブは別の場所で6年前くらいからバンド編成でやったりあれやこれややってましたが4年前くらいから休止。

4/23 19:00ごろから

ソロギター、尺八など武器となりそうなものは色々あるわけですが
今回はその辺一旦置いといて、「弾き語り」に重点を置いてみたいなと。

過去、「アコースティックナイト呉」で取り上げたことのあるカバー曲とか、あとオリジナル曲とか。

要は好きな曲をやるわけですがw

大きなようで小さな挑戦…
いや逆か。

そんな個人的挑戦の1ページではありますが、聴きに来ていただければ嬉しいです。

IMG_1834




知っている人は知っている、
Fried Prideから現在はソロで活動されている、
ギタリスト横田明紀男さんによる、
「スペイン」の楽譜が発売されました。
CDバージョンの楽譜なので細部は異なりますが、参考動画を。


なんと採譜担当はワタクシ。
名前もちゃんとクレジットして頂いております(^^)

ソロになる前から何度も演奏を聴きに足を運んでいたのですが、確か最後にFried Prideのライブを広島に観に行った際にオリジナル曲の「Get Dizzy」の採譜を本人に見せにいったような。

気分はFrank Zappaに「the black page」の楽譜を見せたSteve Vaiのつもり…(笑)

「採譜できた、ってことはこの曲弾けるんだよね?」と言われてしどろもどろになった記憶が(弾けません)

時は流れ、巡り合わせもあって、横田さんの呉公演が昨年4月に開催。
その時にちらりと「横田さんの楽譜は作らないんですか?」と提案。

楽譜を見せた事が利いたのかどうかは分かりませんが採譜を担当させて頂き、この度発売に至ることができました。

ポジショ二ング、音程など細部までしっかりチェックして、本人直々に訂正など頂き、さながら個人レッスンのようでちょっぴり役得な感もありでしたが、なんとか先日完成、楽譜販売となりました。

とても勉強になりました。
何度も楽器持って楽譜を確認しているうちにフレーズが弾けるようになってきたりして(笑)

そういう面でももちろんですが、
「提案してみるもんだな」、と。

いってみなきゃ、やってみなきゃ分からん事は沢山あるという事を学べたことが大きいですね。

というわけで、楽譜を購入(ぜひ本人サイン入りで)してくれると嬉しいです!

楽譜の宣伝でした。

アクションゲームに達成率というか、進行状況が記録されるようになったのはいつからだろう。

スーパーファミコンの「スーパーマリオワールド」で始めて見たような気が
(もっと前にあれば教えてください)

こういうやつ。
FullSizeRender

セーブというか、データをバックアップできるゲームもファミコン時代は単純にハード的なコストのためか少なかったからか…

さておき、

こういう「達成度」が出てくるようなゲームはついつい100%というか、数字が増えなくなるまでクリアしたくなる性分なんですが
(コイン全部集めたり、隠し要素を全て表示させたり…)

1周目は結構ざっくり、7割くらいの感じでささっとクリアします。

2周目以降で、最初に取りこぼしたところをチマチマと拾って行って100を目指します。

これを最初の一周目でコンプリート!
とか思うと挫折するんですよね。

ゲームに限らず、楽器もそういうところあるなぁと。

Fコードの音がキレイに出ないからといって
Fがマスター出来るまでは他のこと一切しない、とか…

6本のうち1本音が最初はキレイにならせなくても、どんどん次に進んだらいいんじゃ無いですかね。
5本なってれば十分Fの和音に聞こえるし。

で、ぐるっと一周して帰ってきた時に、
意外と簡単にFが攻略できるようになっていたり。

ということで、時にはゲーム感覚で練習することも必要というわけでした。

チマチマと同じことを繰り返して、
RPGのレベル上げみたいなことする場合もありますしね。

このページのトップヘ