好きな店、好きな場所、好きな音楽…

ほっといても勝手に続くものではなく、
お金や時間をそこに費やしたり、他の人に良さを紹介したりしないと
自然には続いていかないんだな、と思う。

よくあるのが、ある店の閉店のお知らせを聞いて駆けつける人たち、
閉店セールに群がるお客さん。
時々でもいいのでそれぞれがもう少しだけ足を運んでいたら…と思う。

僕自身もあまり色んな所に足を運ぶわけではないので偉そうなことはいえないけど、
大事なものは残す、続ける努力をしないと勝手には続かないんだな、と。

面白くもなんとも無いもの、タイミングを逃してしまったものを
ただ続けるために続けるのは意味がないし、つまらないものは無くなって然りだけど、
自分が面白いと思ったものは残って欲しいし続けてほしい。

「都山流尺八 広島県支部の人たちは不安よな。オガタ動きます」
といったかどうかは知りません(言ってません)

和楽器を「伝統楽器」として奉り伝統継承するのも大事なことですが、
単に面白い音色のする、いろんな可能性のある楽器の一つとして知ってほしいな、と。

ギターもそうだけど、「古典」「民族楽器」としてのクラシックギターはあるけど、
それ以外の様々なジャンルにギターは使われており、
別にギターをやる人がみんな古典や民族音楽を学ぶ必要はなく、
好きな音楽を好きなように演奏すればいいんです。

きっかけはそこでも後からギターの源流というか、
「新しい音楽」としてのクラシックに出会う、
という道でもいいと思ってます(自分がそんな感じ)

尺八も同様。入り口は何でもいい。
奥深い世界に入りたい人は入っていけばいいし、
好きな曲を吹いて楽しむ人は楽しめばいい。
たかが楽器なのだから。

裾野というか、無所属のプレイヤーがもっと増えないと、
流派や伝統を継ぐ、継ぎたいという人も生まれてこないですよねきっと。

いうことで。。。
夏休みの子ども向けに尺八無料体験をやってみることにしました。
※今回、地域限定とさせてもらってるんでネットでの告知はしません。

今回、保護者も含めて10数名の申し込みがあります。
なんと。開催する前からちょっとうれしい。
企画するのはいいが、誰も来なかったらどうしよう、と思っていたので。。
動いてみるものですね。

一人でもいいんで、もっとやってみたいな、
と思ってもらいたいですね。

あとはしっかりと内容を伝えられるよう自分が頑張るのみ。IMG_4707

(最近は至る所でみかける、フリー素材のいらすとやさんに始めてお世話になりました)


スポンサードリンク