ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

1月20日(土)
尺八が繋いだ縁

三重県は伊勢市にある賓日館に音楽仲間のワンマンライブがあるということで
是非ゲスト出演して欲しいということでお祝いも兼ねて行って参りいました。

「尺八奏者 竹内洋司 × ogurock    全国行脚の旅 47都道府県制覇記念ワンマンライブ」
IMG_6614
チラシ

IMG_6670 2
ライブ
IMG_6676 2
Blue Marbleとのセッション。楽しかった!

発端は2017-18年ごろ、
もともと尺八の竹内さんとSNS上で繋がり、僕も尺八を演奏しているから、と
時々やりとりなどしていたのですが、47都道府県の全国行脚を始められ、
その2つめか3つめの県が広島県、ということになり、僕のところに連絡がきたわけです。
(ググったら4番目でした)

竹内さんのツイート(現ポスト)

スクリーンショット 2024-01-23 8.05.57

二人の演奏にえらく刺激と感銘を受けた私は
「是非またやりましょう!伊勢にも遊びに来て」
という言葉を間に受けて翌年3月に伊勢におしかけて演奏させてもらったのでした。
スクリーンショット 2024-01-23 8.10.54
2days分のセットを組んでくださいました。

楽しかったと同時に、僕はこういうソロパフォーマーとしての限界も感じてしまったので
ちょっとずつ路線を変えていくに至る訳ですが...

僕個人のライブの感想としては、このポストに書いた通り。
スクリーンショット 2024-01-23 8.15.30

お二人が積み上げてみたもの、元々持っているもの。
信頼できる仲間達。

自分には真似できなかったりいまから積み上げるには厳しい部分が多いから、
自分なりに持っているものをもっと積み重ねていくしかないのだな、と再確認させられました。

47都道府県を回ってさまざまなアーティスト、ミュージシャンと出逢われたことと思いますが、
自分達を選んでくれてとても嬉しかったです。

おしゃべりが達者でなくスローペースになることも多い私ですが、
3度目とはいわず、4度目、5度目重ねて行きたいなと思える人たちです。

直感はきっと当たると思います。

次会う時に、変わってないね-と思われないよう、もっと成長してびっくりさせてやろうと思います。

中途半端になる覚悟で ギター/尺八の両刀使いを名乗っていること、
7年前くらいはブログなどの発信を今より頑張っていたこと、
たまたま呉市広に旧知の音楽できるお店があったこと。
数少ない広島の尺八奏者としてりょーた氏と繋がっていたこと
それが縁でBlue Marbleを結成したこと。

ひとつひとつは小さな点でしかなくて、なかなか大きなインパクトが起きないから
心折れそうになることもあるけど、こうして点と点が繋がる瞬間というのが
あるからこそ、あることを実感できたからこそ日々小さな点を打ち続けることができるというか。

なんというか。

文章もめんどくさがらずに書いていこう、と改めて思ったのでした。

FacebookやX(Twitter)などSNS系は過去情報の検索が非常に難しい。
一旦流れたらそれで終わりになってしまうことが多いのでね。

本年も一年お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

コロナ明けで演奏に出る機会も増えました。
が、この3年で自分としてはそれまでと同じ、元に戻すんじゃなくて、
もうちょっと時間の使い方を見直そうという方向に舵を切っていくつもりです。

2023年の主な個人的トピックとしては以下です。

・呉三曲会への加入
  市内への小中学校への邦楽鑑賞会へ関わりたい、という事で年度初めからの加入を決意しました。
 1月にもう一校残ってますが、合計9校での参加となりました。
 授業の一環で楽器を紹介したり演奏を聴いてもらう訳ですが、どこまで興味を持ってもらえてるのかはわかりませんが、こういう地道な活動はとても大事だな、と改めて思いました。
尺八、箏、十七弦で色々参加させてもらいました。

・尺八本曲コンクール-本戦出場

 本年度、初めて都山流尺八の本曲コンクール、京都の全国大会出場となりました。

 ちょっとラッキーもありましたが、、

 結果としては出場者中最下位の点数でした。

 単発でレッスンを受けはましたが、他ほとんど独学で横のつながりもない中よくやった、
 と言っておこう(笑)

 最下位の立場で言うと負け惜しみにしか聞こえませんが、

 決して自分の演奏力が決戦進出者と比べて劣っていたか、というとそうではない、と信じています。

 緊張のようなものにやられてコントロール不可になってしまったのが原因なので。

・ギター講座
 今年度を通して、某所で初心者向けのギター講座を受け持つことになりました。
 単発で、とかはあるけど一年24回コースというのは初めてでしたが、生徒さんたちと共に楽しくやっています。
 複数の人にいかに自分の考えを理解してもらえるように伝えるか、、、日々試行錯誤ですが自分も楽しんでます。
 自分が何かをマスターしていくのも楽しいのですが、他の人がどんどん新しいことを覚えていく瞬間に立ち会う
 というのもまた感慨深いものがあります。

・尺八単体での仕事も少しずつ(演奏、録音)出てきました。もっとがんばります。
・箏を弾く機会が異様に増えました。後半はギターよりも尺八よりも箏をたくさん弾いてます。
 多重録音とかやってみたいことが沢山あるので引き続き練習します。
 伝統やこれまでの歴史は勉強しつつ、自分なりの道を見つけていければいいかなと思います。

和楽器ばかりやな。ギターも頑張ってますよ(笑)
慣れない楽器を練習することで色々気づけたこともあり、ギター練習にフィードバックさせて
いい効果が現れ始めてます。
ギター1本の時点で気づけていればよかったんですがね。ほんとうは。
ここのところエレキギターをちゃんと練習できてなかったので、再開しつつあります。

・他、YouTube活動、Blue Marble活動など色々とありますが、また別の機会に。

これから
 
・自分の進みたい方向性はどこにあるんだろう、どういう生き方を望んでいるのか
 と考え直してみましたが、結局12年前、会社を辞めて独立した当初に思い描いていたプランに立ち戻ることになりました。環境の変化、色々引き受けて時間を色んな人とのライブ活動に費やしたり...それらは決して無駄ではなかったのですが、自分の軸が定まってないまま色々な活動をしていたので結局少しフラストレーションは残したままでした。とはいえ自分の軸を育てるための時間をうまく作ることもできず...といった状態で。
 ちょっとずつ自分の実感としてはここ数年でその軸を作り上げていけているような感触はあります。
 あとはコツコツ積み上げてやるだけですね。
 色々なものに翻弄されないような体制をキチンと作り上げる。

言葉足らずで読んでいる人には?な部分もありそうですが、今後はこれまでとは違った展開になっていく
と自分でも思っているので最後までこのブログの長い文章を読んで下さるような人たちに喜んでもらえるようなアウトプットができたらいいなと思っています。

ここのところ、人前で一番たくさん弾いているのは箏のような気がするのですが、
こちらは別に今の所プロとしてやってる訳ではありません。

・邦楽演奏会出演
・小中学校の邦楽鑑賞会への参加 
・地域のギター教室での指導

今の所...と書きましたが、今後こう、自分が邦楽界で箏奏者と銘打って何かする
という未来は全く見えないのでこう書いておりますが、
自分の活動に何かしら役立てたいとは思ってます。

11月には初めて(?)箏の独奏曲に挑戦。IMG_6368
宮城道雄作曲「手事」で出演。

色々とこういう舞台に出る曲まで師匠などにチェックされて制限される、
というような話をよく聞くのですが、僕は割と好き勝手やらせてもらってます。

IMG_6359
学校での演奏にも参加したり。こういう事は現場に行ってみないと
わからないものがあるので、参加希望してよかったなと思ってます。

呉市内の小中学校にメンバーで分担して回ります。
僕は9校担当。来年の1月までで、あと5校くらいかな。

-------------

新しいことや出来ないこと、うまくいかないことを習得するプロセスというのが、
ちょっとこなれてしまって忘れかけていたギター練習への思いを再燃させてしまって、
このくらいギターも丁寧に練習すればもっと上手く、
まだマスターできないあの曲この曲が弾けるようになるんじゃなかろうか、
と思って、こちらの練習にも応用しようと思っています。
(尺八のコンクールの時も同じこと書きましたが)


よく、RPGなどのゲームでもメインストーリーそっちのけでサイドストーリーやおつかい的イベントをやりこんでしまうのですが、現実でもそんな感じで、ギタリストとしての活動時間がちょっと少なくなっておりますが、もう少ししたら色々とアウトプットできるのではと思います。



このページのトップヘ