ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

ブログ書くのが久々になってしまいました。

昨年は想いや考えていることをつらつらと書いたり、
自分史をさかのぼってみたりしてましたが
そういうのは一旦置いといて…

最近個人としてやっていること、
やろうとしていることを何回かに分けて書きます。

①出版されている曲集(ドラクエソロギター)の全曲演奏動画アップ
②筝の練習→和楽器編成の曲のひとり多重録音を目標に
③Audiostock 等へのBGM曲アップ促進

①.ソロギター曲集全部アップ
前からやりたいと思っていたのですが、意思の弱さというか、
直近の仕事に追われていつもなんとなく流れていた…のが心残りで 
とにかく、全部やってやろう、と1月後半あたりから始めたのが

ドラゴンクエスト/ソロ・ギター・コレクションズ(南澤大介 編)

アタリマエのことですが、参考CDを録音して出している著者は
全曲ちゃんと弾けるわけで、自分は時々会心の一撃を出せるかもしれないけど
通常のこうげきりょくとしてはまだまだ本を出版されている方のレベルに及ばない
という認識があります。
あとは時間をかけてゆっくり…よりは集中して取り組んだほうが自分の為にもなるということ
他にも弾きたくて買ったのに放り投げている楽譜が大量にあること

100点のものしかアップしない、、となると永遠に出せないと思うので、
数カ所のミストーンなどはそのまま通して、全体として雰囲気があれば良しとしてます。

ゲーム音楽のソロギター曲集に限って言えば、南澤大介さんものだけでも
ドラクエソロギター(やさしい版)
ファイナルファンタジー 3冊分 
あと4冊あります。

アレンジ物やギタリストのオリジナル作品、クラシックギター曲など、
本棚は楽器屋さん状態になっているためとにかく全部手を付けたい。

これは誰かのためとかではなく、自分自身のためなので自己満足でしかないですが、
ゲームをやりこんでいる人なら気持ちはわかると思います。
RPGをクリアするのにレベルカンスト(99とか100)とかする必要はまったくないし
アイテムもすべて集める必要はないんだけど。

楽譜を追ってるだけでは技術的になんとなく固まらないので
クラシックギターのエチュードを並行して取り組んでます。
メカニカルに右手の強化、
読譜、イメージ力の強化にはこれが一番かなと。

筋トレ的なエクササイズは1日5分も集中してやれば十分(疲れるから)
なので短時間でやってますが、少しずつ指の自由度、集中力が上がっている気がします。



好きな人は好きかもしれませんが決して一般の人がみんな見てくれて
バズるようなコンテンツではないので
アップするついでにYoutube登録者が増えてきてくれたらラッキーだな
くらいの感じで。

カメラ回すとやっぱりまだまだ緊張するし、気持ちが本番的なモードになるので
それになれるという意味でも短期集中でアップし続けるというのは大事と思います。

コロナ以外でもここ1,2年で自分の周囲の環境状況が色々大きく変化しているので、
それ以前のようにのんびり構えていては本当に時間が足りなくなるんじゃないか
という思いでやっております。

昨今の状況であまり外出できなくなった影響か、
レッスンの問い合わせが増えて
今現在教えてる生徒さんの人数が15人を超えました!
(他不定期、単発も時々あり)

もちろん、体験レッスンのみでレッスンにつながらなかったり、
問い合わせのみ…みたいなこともままありますが
それは相性やタイミングの問題なのであまり考えずに。

当初思っていた、近所(呉、焼山、熊野)あたりからの問い合わせや新規の生徒さんが増えております。
広島市なんかはすでにたくさん優れたプレイヤーや講師がたくさんいらっしゃるのでそちらまで足を伸ばすつもりはない…思っていたので。
(それでも、わざわざ遠方から通ってくださる方には感謝です)

自分の個人的な生活スタイルを崩さないために
あまりゴリゴリ生徒さんを増やそう…とは思っていないのですが、
必要としてくださる方が増えるのは嬉しいです。

教えた方の演奏が少しずつでも変わっていくのを
見るのは嬉しいし、自分も気が引き締まります。

もって来られた課題を全部パパっと弾けたらかっこいいのですが、
時折、難度の高い曲がやってきて自分もムムっとなるのでまだまだ勉強… 

レッスン、そして自分の演奏もバランス良く向上していきたいですね。

「近頃の若者はすぐ動画に頼っていかん、俺等の頃はレコードがすりきれるまでetc...」
みたいなベテラン勢の発言を見て、うーん、、と思うこともある反面、
あながち間違ってもないと思う今日このごろ

テクノロジーの力は適切に使えば何だってすごい便利です。
ただ情報の波に溺れたり使う方向を間違えると障害でしかない。

自分自身を振り返ると
ギターを始めた頃は1994年頃
演奏してみたい曲の楽譜も満足に手に入らない状況で
ユニコーン弾き語り全集 と歌本、あとはバンドスコア少々。
ギター雑誌もありました。

これしか無いんで隅から隅までこの本たちにのってる曲を(歌本は違うけど) 
弾いて練習して、目をつむっても弾けるくらいになっていたと思います。

楽譜がない曲は、耳コピ。
どれだけ出来ていたかはさておき、
何度も何度も聞いて(楽譜を書くのは面倒なので)
頭の中に音を焼き付けていたと思います。

それが、ちょうど大学に入る前後でインターネットが普及し始めました。
(インターネット自体はもう少し前からあったけど)

動画は、30秒の動画をみるのに10分待つ(しかも画質荒い)
みたいな状況でしたのでギターの勉強としては使えませんでした。

良くなかったのは、
今でもありますが、ファンが採譜したタブ譜(テキストベースで書いてある)
を集めたサイトみたいのがあって、
そのページを見てハマってしまって(楽譜も売ってるけど買うお金ない)
ひたすらタブ譜を探し続けるみたいな毎日。 

ダウンロードして、なんとなく音源に合わせて弾いて、弾けた気になってそれで終わり。 
バイトして少し使えるお金が増えたせいもあって
楽譜を買って、ちょっと弾いておわり。
これでは上手くなりようがない。

もちろん、頑張って耳コピした曲もあります。
これは、長い間弾いてなくて、忘れていても今すこしさらえば割と早く思い出せる。

ネットでみつけてちょっと弾いてみた楽譜の曲は全然覚えてない。

割とギターを持ってからの上達が速かったので
うぬぼれていた点もあったかと思います。

実際、アコギを入手するまでの5〜6年間はほとんど停滞していたと思います。
この傾向で割とここ数年前まで悪い癖を引きずってしまってたなぁ、
と思ってます。

大学生時代はとにかく万事がそんな感じで、学校の勉強、音楽、英語の勉強
すべて浅くしか勉強できなかった時期でもあります(スランプ?)
そうなると私生活にも自信が持てないのでズタボロでしたね。

時間の有り余る学生時代を無駄にした感がすごくあります…
悔やんでもしょうがありませんがこの失敗を糧にするしかない!

です。
 

このページのトップヘ