ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

好きな店、好きな場所、好きな音楽…

ほっといても勝手に続くものではなく、
お金や時間をそこに費やしたり、他の人に良さを紹介したりしないと
自然には続いていかないんだな、と思う。

よくあるのが、ある店の閉店のお知らせを聞いて駆けつける人たち、
閉店セールに群がるお客さん。
時々でもいいのでそれぞれがもう少しだけ足を運んでいたら…と思う。

僕自身もあまり色んな所に足を運ぶわけではないので偉そうなことはいえないけど、
大事なものは残す、続ける努力をしないと勝手には続かないんだな、と。

面白くもなんとも無いもの、タイミングを逃してしまったものを
ただ続けるために続けるのは意味がないし、つまらないものは無くなって然りだけど、
自分が面白いと思ったものは残って欲しいし続けてほしい。

「都山流尺八 広島県支部の人たちは不安よな。オガタ動きます」
といったかどうかは知りません(言ってません)

和楽器を「伝統楽器」として奉り伝統継承するのも大事なことですが、
単に面白い音色のする、いろんな可能性のある楽器の一つとして知ってほしいな、と。

ギターもそうだけど、「古典」「民族楽器」としてのクラシックギターはあるけど、
それ以外の様々なジャンルにギターは使われており、
別にギターをやる人がみんな古典や民族音楽を学ぶ必要はなく、
好きな音楽を好きなように演奏すればいいんです。

きっかけはそこでも後からギターの源流というか、
「新しい音楽」としてのクラシックに出会う、
という道でもいいと思ってます(自分がそんな感じ)

尺八も同様。入り口は何でもいい。
奥深い世界に入りたい人は入っていけばいいし、
好きな曲を吹いて楽しむ人は楽しめばいい。
たかが楽器なのだから。

裾野というか、無所属のプレイヤーがもっと増えないと、
流派や伝統を継ぐ、継ぎたいという人も生まれてこないですよねきっと。

いうことで。。。
夏休みの子ども向けに尺八無料体験をやってみることにしました。
※今回、地域限定とさせてもらってるんでネットでの告知はしません。

今回、保護者も含めて10数名の申し込みがあります。
なんと。開催する前からちょっとうれしい。
企画するのはいいが、誰も来なかったらどうしよう、と思っていたので。。
動いてみるものですね。

一人でもいいんで、もっとやってみたいな、
と思ってもらいたいですね。

あとはしっかりと内容を伝えられるよう自分が頑張るのみ。IMG_4707

(最近は至る所でみかける、フリー素材のいらすとやさんに始めてお世話になりました)


初期ドラクエやFFを小学校低学年の頃から遊んでいて、
最初はパスワードの意味もわからず、 毎回最初から遊んでできるところまで行って終わり。
みたいなことをやってましたがそのうち分かるようになり先にすすめるようになりました。

小学生の当時、ゲームばっかりしてた割に
学校の成績は良かったんですけどこれはRPGやってたおかげでは…?
とふと思って。

親世代もファミコンを飛び越えてスーファミ世代生まれ、
とかゲームがあるのが当たり前の世代になった今、
「ゲームばっかりやってると成績落ちるよ!」
ということはまだあるのでしょうか…
まぁ確かに学校の勉強「も」しないといけないでしょうが。

RPGで攻略する算数
RPGで攻略する国語
etc.

みたいな本があったらいいなぁなんて。
もちろんイラスト付き。
本じゃなくてアプリでもいい。
(なくてもゲームすれば解決なんですが)

たとえば…
ゆうしゃのMPはいま14です。ホイミをいっかいつかうのにMPを3つかいます。 
あとなんかいホイミがつかえるでしょうか。
またつかいきった時にのこるMPをこたえよ。
(こたえ :4かいで2MPのこる  14 ÷ 3 = 4あまり2 )

みたいな…
ゲームやってる時つねにこういう事を考えながらとか
あとお金をどれくらいためたら欲しい武器が買えるか、とか
算数の要素は気づかないままに色々存在していたし、
パーティの属性(戦士系、魔法使い系とか人間、エルフ、ドワーフなど種族による特徴とか)
を色々知ることができたり。

登場人物と色々会話してその言葉の中から
冒険をすすめるためのヒントを読み取って
次にすすまなければいけない。
これは国語力そのもの。
映像が強いため活字ほどではないがストーリーや
会話を追って登場人物の心象を感じ取るとか。

ときどき子どもにとって意味不明な言葉が出てきますが、
そのうち分かってくる(語彙力)
※ふがいない、とかw

理科
弱点とか属性の話。木の魔物は火系の攻撃に弱いだとか。

社会
ゲームの背景になった世界の知識、北は寒い南は熱い
神話や中世の歴史、ポケモンなら動植物の知識
まったくの無からゲームの世界観を作ってるということは稀で
だいたい下敷きとなる文化があったりしますよね。
中世だったり古代、日本、近未来、宇宙 etc.

英語
ゲームにもよりますが、火の魔法はファイア。。。。
的な直接的な名前がついていると語彙力。

事実、FFの魔法の知識は直接的で
英語の単語テストに役立った記憶があります。
そうかメテオ(meteor)は隕石か、サイレスは沈黙(silence)、グラビデ(gravity)、リフレク(reflection)
他にも色々…
厳密には違うものもありそうだけど連想の手がかりとしては十分。

機械的に言葉を覚えるのは苦痛だけどゲームの世界ならすんなり覚えられる。

スマホゲームに多いなぞるだけ、とか連打系、放置系
はたいして勉強にならんと思いますが
しっかりしたRPGはいいと思います。 

音楽に効率や合理性を持ち込まないで
という論調が時々あるけど
短時間で上達できるならその方が楽しいよね、と。

筋肉や記憶の仕組みを考えても一日ですごくうまくなる、
ということはなくある程度時間はかかるんですけどね。



また、過ちを犯した人が徹底的に叩かれている。
そういう徹底的叩く人ほど、自分の仕事や私生活に置き換えた時に
まぁ許してやってよ、みたいな感じになるんでしょうかね。

このいつものパターンはいつまで続くんでしょうかね。


プロなんだから、ステージ上でミスなんて許されないでしょ!
ミスしたらもう二度と人前に立つな!
ステージの上だけでなく、プライベートでも品行方正ミスのないように!

みたいなこと言われたら大変だな… 
日々ミスだらけ(というと語弊があるけど)です。
仕事もプライベートも、良くも悪くも。 

もっと大きく物事を捉えたいですね。

さて、明日は都山流広島県支部演奏会です。
20年後、30年後の事を考えると、どうなるんだろうか…と思うけど
とりあえず今を精一杯やります。


このページのトップヘ