ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

なんとなく思い立ってエゴサーチをしていたら、

2023年の夏に日テレで放送されていた
「ちょっと待ってよ向井くん」というドラマで
エリアシ☆ピッツ(2015-2018ごろに参加、活動していたバンドです)
の曲が使われていると。

気になって調べたら、確かにカフェのシーンで流れてる!
第五話の冒頭なので、netflixやhuluを契約されてる方は見る事ができると思います。



バンドもなかなか思うようにいかなくて、情熱カフェのマスターのハッパにより
CD3枚分の曲を作りはしましたが、途中で空中分解のような感じで。


その後はボーカルのエリちゃんがsuperflyのごとく一人でエリアシを名乗っています
(2020年ごろに一曲つくったかな、それにはお手伝いさせてもらいました)

なんでもいいからやっておこう、と著作権フリー音源販売サイトのaudiostockに登録していたのですが、
まさかこんな形で使われるとは
(楽曲は何回か使われていることはわかるんですが、いつ誰がどのように使ったかはわからない仕組みなので)

メインの曲の前座というか完全後ろで流れている曲ではありましたが、
なんだか嬉しかったですね。

最終的にドラムのほっしーに叩いてもらいましたが、最初打ち込み段階で
間奏のドラムソロ的なところのフレーズまで作った記憶があります。



すぐに結果が出なくても、種は蒔き続けないといけない。
逆に、すぐに結果が出るものばかりに飛びついて自分を見失ってもいけないな、と思いました。


第128回 呉市春の文化祭 三曲演奏会に出演しました。
(自分の写真はないです)

十七弦 1曲、尺八1曲で出演。(プログラムの8,14)

大雨にもかかわらず、多くのお客様が来てくださったようです。

演奏会全体としては、
色々新しい試みや挑戦も見られて内容は充実していたような印象でした。

(自分はバタバタしてあまり他の出演者を見られませんでしたが)

十七弦、だいぶ楽器との距離が近づいたような気がしますが、
もう少し余裕を持って楽曲の流れを掌握できるくらいにならんといかんなぁ、
と思いました。バンドなどでいうとベース担当ですからね。

慣れない他楽器で学んだ事をギターに転用して活かす、というのがそもそもの目的だったのに
ギターに持って帰る余裕がなかった、、というのですが最近少し気持ちに余裕が出てきたので
どんどん成果を持ち帰って、相乗効果でウィンウィンな感じを作っていきたいと思います。

1710815598487


2024年5月4日(土・祝)

倉橋町にある林酒造 着物ミュージアムのコンサート で演奏しました。

主催はソプラノの岩本未来さん
箏・十七弦・二十弦・三絃は高橋洋子さん
尺八・箏・十七弦・三絃・ギター・バリトンギターは私オガタ。

高橋さんとは最近ちょくちょくお会いしますが、岩本さんはおそらく7,8年ぶりくらいでした。

演奏の模様は現在手元に写真がないので、チラシとリハーサル時に撮った写真で雰囲気をお伝えしておきます。

きものミュージアムコンサートポスター-11



IMG_3166
元々酒蔵だった場所の2階を改造して着物を展示しており、そのスペースをお借りして演奏しました。
IMG_3167
客席になっている場所にも普段は着物がズラーっと吊るされて、幻想的な感じになります。

邦楽曲数曲、あとは洋楽から沖縄のポップスから、クラシックから、
いろいろなアレンジを行いました。

当然、既存の楽譜もないものが多かったので私が和楽器用に整理(編曲?)した曲も結構ありました。

6種類の楽器を取っ替え引っ替え、忙しかったですが、面白い試みだったのかなぁ、と思います。
なかなか個人ではこういう事をやったり訪れたりする機会もないので、良い経験になりました。

いつか自分主体で、こういう楽器の山!みたいなコンサートをやってみたいものです。
どういう風に内容をまとめるか、というところでときどき考えては悩んでますが(笑)

すっかり和楽器?奏者のような顔をしてしまいがちですが、
ちゃんと根っこのところにあるギタリストの自分を育ててやらないと
枝が先細りというか、他の事が活きてこないなぁ、
と最近改めて思い直して、ギターを練習中です。

時間との戦いだ。

このページのトップヘ