ギタリスト/尺八奏者 オガタマモルのブログ

広島を拠点に活動するギタリスト/尺八奏者のブログです。
ウェブサイト http://marumogata.weebly.com

僕のギター人生は姉のお古のカセットテープとCDに入っていた
「ユニコーン」の曲から始まったといっても過言ではないのですが
最近はアコギの人とか尺八の人というイメージがありそうだったりなかったり
で、「エレキも弾くんですね」っていわれたりすることも多い昨今。

中学生当時、ギターを始めた最初はユニコーンのような「楽しそうな」バンドに憧れて
エレキギターを一生懸命練習しておりました。

ですが、なかなか僕自身リアルタイム世代でもなく同級生は一部の
熱狂的なファン以外ユニコーンを聴いておらず、
僕がその頃楽器に興味をもった友達数人に聴かせて布教する、みたいな状況でした。
(その中で楽器をやめずに続けているのがコピバンのベーシストです)
ので、コピーバンドもやりたかったのですが、上記の理由に加え、
曲やコード進行の厄介さから長らく演奏する機会がなかったのです。

僕自身は、奥田民生氏のソロのライブに学生時代はほぼ毎回のように足を運んでいました。

時は流れ、なんとなく思いつきから2012年頃からスタートした
ユニコーンのコピーバンド「ユニコーンのコピーバンドーズ」



2年くらい活動して、たぶん披露していないものも含めたら30曲〜40曲くらいコピーをしました。
良くできたものも、グダグダなものもありますが楽しいですね。
今でもいくつか動画に残っていますね。

今は残念ながら無くなりましたが府中町のスタジオでコピーバンドの練習してたら
たまたま奥田民生氏本人が別件のリハーサルでスタジオに来てて
喫煙所で遭遇…ということもありました(メンバー皆、固まっておりましたw)

当時は再結成して間もなくだったのですが、今や当時活動していた期間よりも
再結成してからの方が長くなりましたね…

この2019年の10月12,13日でユニコーンの呉公演(初)があります。

地元でユニコーンが!、ということそれに引っ掛けてというか、
色々な事情もあり、本物が演奏しているその日に(!)会場の近くの別の会場で
トリビュートライブをやることにしました。

で「コピーバンドーズ」メンバーの結婚出産等色々あって活動を
お休みしていたのですが今回再結成ということで
ほぼ5年ぶりくらいに集まりました。
IMG_4872
いつの間にか僕らも若いつもりが年をとった・・のですがが変わらず元気です。
忘れている曲を思い出しながら笑 のリハも和気あいあいと。

10月12日(土) Cafe Felix 
広島県呉市中央3丁目11-18 パークアベニュービル 8F
18:30 open
19:00 start
入場無料!

当日一応セッション枠ということで飛び入り参加もお待ちしております。
もちろん事前申し込みもOKです。
12日にユニコーン本物を見に行く人も二次会的に、
13日に参加する人は前夜祭的に
両日チケット取れなかった方も一緒に

ワイワイ楽しめたらいいなと思っております。
10459134126021



 

モーツァルトに演歌は書けないとか、
色んな人によって様々な場面で語られてることではありますが、
 
昨日ギターのレッスンしてて、たまたまそういう話になったので自分の記録として。

昔、会社づとめをしていた頃に
海外との取引もある会社でしたので時々国際電話がかかってくるわけですが
知ってる社名や、英語圏の方の名前は聴き取れて、上司につなぐことが出来たんです
(例:トム、とかジムとか)
が、東南アジアやインドや中東の方の固有名詞が分からない。
(特に英語の訛りと電話の音質の悪さも手伝って)
聞き慣れない(頭の中に無い)社名 や 
人名(前後の流れから人名だとわかるんだけど聴き取れない)
だから。

ということが結構あって、音楽もそれと一緒だよね、という話になりました。
たぶん中東の会社の**さんも、それは「名前」なんだ、
とおぼえてしまえば聞き取れるようになっただろう。

耳が良い、悪いと才能のように言われることもありますが
(本当に一度聞いただけでで何でも再現できるような天才は稀にいる)

結局、英単語のリスニングのような知識の問題で
知っている楽器の音色、知っているフレーズ、パターンなら認識して、聞き取れる。

耳が良いと言われる人が単にその知識が多かったり、
それゆえあいまい検索(キーが違う、音のリズムが違うetc)
事もできる、というだけのことかなぁと。

検索すればわかるから、楽譜があるから覚えなくていい、ではなくて
ほんとに身につけたいものは文字通り自分の中に「吸収」する努力をしないといけませんね。

本当に語学を習得をしたかったら、
いつまでも翻訳アプリに頼ってるわけにはいかないわけです。

好きな店、好きな場所、好きな音楽…

ほっといても勝手に続くものではなく、
お金や時間をそこに費やしたり、他の人に良さを紹介したりしないと
自然には続いていかないんだな、と思う。

よくあるのが、ある店の閉店のお知らせを聞いて駆けつける人たち、
閉店セールに群がるお客さん。
時々でもいいのでそれぞれがもう少しだけ足を運んでいたら…と思う。

僕自身もあまり色んな所に足を運ぶわけではないので偉そうなことはいえないけど、
大事なものは残す、続ける努力をしないと勝手には続かないんだな、と。

面白くもなんとも無いもの、タイミングを逃してしまったものを
ただ続けるために続けるのは意味がないし、つまらないものは無くなって然りだけど、
自分が面白いと思ったものは残って欲しいし続けてほしい。

「都山流尺八 広島県支部の人たちは不安よな。オガタ動きます」
といったかどうかは知りません(言ってません)

和楽器を「伝統楽器」として奉り伝統継承するのも大事なことですが、
単に面白い音色のする、いろんな可能性のある楽器の一つとして知ってほしいな、と。

ギターもそうだけど、「古典」「民族楽器」としてのクラシックギターはあるけど、
それ以外の様々なジャンルにギターは使われており、
別にギターをやる人がみんな古典や民族音楽を学ぶ必要はなく、
好きな音楽を好きなように演奏すればいいんです。

きっかけはそこでも後からギターの源流というか、
「新しい音楽」としてのクラシックに出会う、
という道でもいいと思ってます(自分がそんな感じ)

尺八も同様。入り口は何でもいい。
奥深い世界に入りたい人は入っていけばいいし、
好きな曲を吹いて楽しむ人は楽しめばいい。
たかが楽器なのだから。

裾野というか、無所属のプレイヤーがもっと増えないと、
流派や伝統を継ぐ、継ぎたいという人も生まれてこないですよねきっと。

いうことで。。。
夏休みの子ども向けに尺八無料体験をやってみることにしました。
※今回、地域限定とさせてもらってるんでネットでの告知はしません。

今回、保護者も含めて10数名の申し込みがあります。
なんと。開催する前からちょっとうれしい。
企画するのはいいが、誰も来なかったらどうしよう、と思っていたので。。
動いてみるものですね。

一人でもいいんで、もっとやってみたいな、
と思ってもらいたいですね。

あとはしっかりと内容を伝えられるよう自分が頑張るのみ。IMG_4707

(最近は至る所でみかける、フリー素材のいらすとやさんに始めてお世話になりました)


このページのトップヘ